FC2ブログ
薬剤師でありながら、税理士として独立開業! どっちが本業?と言われないように頑張ります!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相続税対策
相続で相談を受けました。
実は、あまり知られていませんが(当たり前ですが
前の事務所で相続担当税理士でありました。

今回のご相談は、相続がまだ始まっていないので、
その前の対策ということで、
そのひとつの生前贈与について提案させていただきました。
早めの相談で幸いだったのですが、気がかりなことが

被相続人となられるお父様の判断能力がどうなのか?
高齢化社会を迎え、認知症の方が300万人を超えたとか、、、
生前贈与、遺言書にしても、ご本人がその意思をもってこそ
相続対策が実行できるのでしょう。

税理士は、つい相続税が安くなるからといって、
いろいろなスキームをここぞとばかりに説明してしまいます。
でも、それは、相続人になられる息子さんや娘さんに対してであって、
高齢になればなるほど、お父様やお母様であることはあまりないのです。
いくら相続税が安くできるからといって、財産を渡す方の
本当の想いを受けとめていないのでは?

まだまだ勉強中



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2018 税理士ときどき薬剤師. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。