FC2ブログ
薬剤師でありながら、税理士として独立開業! どっちが本業?と言われないように頑張ります!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簿記勉強中のとき
簿記を勉強していて、いろいろと謎があったんですが。。。。

その中で、覚えていることについて、
「未払費用」と「未払金」の違いがあります。
どっちも、支払っていない費用のことじゃないの??
そこで、私なりに考えついた結論は

未払費用、費用はが生じたが、まだ請求がきていない費用
未払金は請求が来ているが、まだ支払っていない費用

としたわけであります。

未払費用の例としては、1年分の賃貸料を後払いするという契約のとき、今期分の数ヶ月については、費用が発生しているわけですから、その分を未払費用として計上することになります。

で、実務についてみると、実はこの科目を明確に使い分けしていることはなく、未払費用を計上ということもあまりないようです。

あんなに、悩んでいたことが、実務ではたいした問題でなかったということが、ちょっと悔しいような?
スポンサーサイト
Copyright © 2018 税理士ときどき薬剤師. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。